当研究室客員助教の真里谷奨先生、加藤武馬先生らの論文「Target enrichment long-read sequencing with adaptive sampling can determine the
structure of the small supernumerary marker chromosomes」が、Journal of Human Genetics誌に2022年1月14日に公開されました。Oxford Nanopore Technologyの最新ターゲットロングリードシーケンス手法であるAdaptive samplingを用いて、マーカー染色体の複雑な再構成を解析することに成功しました。従来法より簡便かつ詳細な解析が可能となり、臨床検査分野でも今後の発展性が期待される技術と考えられます。
https://www.nature.com/articles/s10038-021-01004-x

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. No trackbacks yet.