平成29年度 大学院生のための分子生物学技術講座「網羅的DNA解析技術」が倉橋教授により行われました。疾患の遺伝学的解析が次世代シーケンサーの普及により大きく進化した一方で、「意義不明な所見」や「偶発的所見」への対応が現在の最も重要な問題となっています。講義では、本学大学院生が学内の設備を利用して自分たちの研究に実際に応用することができる網羅的遺伝子解析技術の基本と問題点を解説しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. No trackbacks yet.